2017年11月22日水曜日

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(スーファミミニ)で外付けの記憶媒体からゲームを起動する方法でretroarch仕様にする

必ずこちらの方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html



外付けの記憶媒体からゲームを起動する方法でretroarch仕様にするというのはどういうことかというと、追加したゲームがメニューから起動できず結局ほとんどはretroarchから起動する羽目になったために、メニューからはretroarchしか読み込まないようにしてしまうという感じです
ここまでくるとスーファミミニでゲームをする意味がないような気もしないでもないですが、自分が行った方法を紹介します
外付けの記憶媒体からゲームを起動する方法
http://yyoossk.blogspot.jp/2017/11/blog-post_19.html

下記リンクを参考にRetroArchを導入してください
設定方法もあわせてご覧ください
RetroArchのメニューをXMBにする方法もそのまま流用できます
上記の外付けの記憶媒体からゲームを起動する方法でも記載していますが、追加する際は一度hakchi2を起動し、ゲームを追加&編集する必要がありますが、そこで同期は行わないでください
hakchi2\games_snesフォルダの中の追加したRetroArchを外付けの記憶媒体にhakchi/gamesフォルダを作成し、その中に入れるだけです
マルチエミュレータ RetroArchを起動する方法
https://yyoossk.blogspot.jp/2017/11/retroarch.html
もし追加したRetroArchのIDが分からなければ下の画像を参考にしてください



retroarchのコアは下記リンクのretroarch_with_cores.zipか
https://github.com/ClusterM/retroarch-clover/releases
下記リンクのhmodを使用してください(こちらにはPS1等、上記のretroarch_with_cores.zipの中にはないものもあります)
https://github.com/KMFDManic/NESC-SNESC-Modifications

コアの追加方法は下記リンクを参考にしてください
外付けの記憶媒体からゲームを起動する方法
http://yyoossk.blogspot.jp/2017/11/blog-post_19.html
retroarch_with_cores.zipはzip形式のまま、.hmodのコアもそのままモジュール一覧にドラッグ&ドロップするだけです

ゲームの追加については、外付けの記憶媒体にhakchi/gamesフォルダを作成し、その中にRomsかGamesなど分かりやすいフォルダ名で作成し、さらにその中にsnesやps1など機種別にフォルダを作成し、hakchi2で追加したゲームではなく、追加する前の状態のゲームデータを入れてください
※ゲームデータの名前は日本語だと表示されないので英語表記にしてください
ex)hakchi/games/games/ps1/ps1のゲームのイメージ
                                      /snes/romデータ
                                      /n64/romデータ
                                      /gba/romデータ

retroarchを起動し、settings→directory→file browserでusr/share/games/自分が作成したフォルダを開いたらuse this directoryで設定すると次回からmain menu→load content→start directoryで機種別に作成したフォルダを直接選べるようになっていると思います
そこからゲームを選ぶとコアを選ぶメニューが出てきますのでゲームにあったコアを選んだら起動するはずです








0 件のコメント:

コメントを投稿