2017年7月8日土曜日

機器認証を行っていない本体でも起動できる epspベースゲームインストール方法(ePSP Bubble Installer)

必ずこちらの方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html



こちらではePSP Bubble Installerを使ってvitaのホーム画面(ライブエリア)から自作ソフトやPSPのバックアップ、PS1のソフトをAdrenalineベースで起動できるバブルを作るAdrenaline Bubble ManagerやepspcfwであるARKやAdrenalineを起動できるようになるバブルをインストールするのに必要な機器認証を行っていない本体でも起動できるepsp用のベースゲームを簡単にインストールする方法を紹介します

※現在はAdrenalineもAdrenaline Bubbleもバブルを作成するためベースゲームは不要になっています

※現在は機器認証対策がされておりおそらく機器認証していない本体ではクローンを作ることしかできないと思います
すでに対策前に機器認証回避している、もしくは公式で機器認証している本体は以下のリンクを参考に対策をしてください
vitaの機器認証対策のためのバックアップ
https://yyoossk.blogspot.jp/2017/08/vita_2.html

※現在機器認証対策がされているので新規で導入する方は書きリンクを参考に
vita オフラインで機器認証する方法(MLTActivator)
http://yyoossk.blogspot.jp/2017/08/vita-mltactivator.html


vitaのライブエリアから自作ソフトやPSPのバックアップ、PS1のソフトを起動する方法(Adrenaline Bubble Manager)
http://yyoossk.blogspot.jp/2017/07/vitapspps1adrenaline-bubble-manager.html


ePSP Bubble Installerは一つ一つまたは指定した数を追加でベースゲームをインストールできます
ベースゲームをアンインストールするにはマニュアルではなくePSP Bubble Installerのアンインストール機能を使ってアンインストールしてください

vita本体単体でダウンロードできるvita homebrew browserを使ってインストール
http://blog.apolo1192.net/archives/vita-homebrew-browser-the-first-homebrew-store-on-vita.html
または下記リンクからダウンロードしてインストールしてください
http://gekihen.customprotocol.com/en/project/ePSP-Bubble-Installer

インストールして起動しxボタンを押すとベースゲームのインストールと機器認証の解除、データベースの再構築のための再起動が全て自動的に行われます



さらにベースゲームを追加する場合はePSP Bubble Installerを起動すると下の画像のようになるのでxボタンを押します
△ボタンを押します
 ベースゲームを何個インストールしたいか入力します
必要なときに度々指定した数を追加できます
 xボタンを押すとベースゲームのインストールとデータベースの再構築のための再起動が自動的に行われます
○ボタンでキャンセル
□ボタンを押すとインストールしたいベースゲームの数を変更できます



アンインストールする場合はePSP Bubble Installerを起動すると下の画像のようになるので□ボタンを押します
今までインストールしたベースゲームを何個残したいか聞かれます
バブルを指定して消すのではなく、新しく追加したバブルから優先して消えます
例えばすでに五個ベースゲームをインストールしているとします
12345
2個残したい場合は3、4、5番目に追加したベースゲームが消されます
 xボタンを押したらベースゲームのインストールとデータベースの再構築のための再起動が自動的に行われます
○ボタンでキャンセル
□ボタンを押したら残したい数を変更できます

0 件のコメント:

コメントを投稿