2017年8月14日月曜日

usbmcを使ってVitaTV(PlaystationTV)でフラッシュメモリ又は外付けHDDを自動で認識させる方法

必ずこちらの方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


usbmcを使ってVitaTV(PlaystationTV)でフラッシュメモリ又は外付けHDDを自動で認識させる方法を紹介します

VitaTV(PlaystationTV)のusbにexFAT又はFAT32形式でフォーマットしてあるフラッシュメモリ又は外付けHDDを挿し込む
外付けHDDの場合は外部電源タイプのものが推奨されています
※自分の環境だけか分かりませんが下記リンクのvitashellを使用した方法とは違い1TBの外付けHDDがどうしても認識されませんでした
VitaTV(PlaystationTV)でフラッシュメモリ又は外付けHDDを使用する方法
http://yyoossk.blogspot.jp/2017/03/vitatvplaystationtvhdd_29.html
手持ちで使用できたのは下の画像のようなタイプ
 https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E5%A4%96%E4%BB%98%E3%81%91+%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%ABhdd


しかし、最初は電源供給不足で正常にHDDが読み込まれなかったため以下の画像のような外部電源付のものを試して無事に読み込まれるようになりました
 
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A0-USB%E3%83%8F%E3%83%96-AC%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF%E4%BB%98-%E5%80%8B%E5%88%A5%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E4%BB%98-U2H-TZS720SBK/dp/B003YDYWM2このためだけに買うのももったいないですがこちらのusbハブならリカバリーモードでコントローラーを認識させるためにいちいちhddを取り外すことがないのでお勧めです
https://store.shopping.yahoo.co.jp/akibaoo/4943508076817.html?sc_e=slga_pla
こちらのタイプは上よりコストが安くも認識しますが、あまり実用的ではありませんでした。usb延長コードのような感じで黒いほうがvitatv側。赤いほうが外部電源用でusbをコンセントにさせるようなものをさらに買わないといけない上、vitatvが起動していない状態だとhddが勝手に起動してはすぐに消えるような動作を繰り返すのでhddの寿命や故障を考えても上のようなusbhubのほうがよさそうでした



以下よりusbmc_installer.vpkをダウンロードしインストール
https://github.com/yifanlu/usbmc/releases


起動して×ボタンを押す


すると自動的にプラグインがインストールされ、適当なボタンを押せば再起動


もう一度起動し×ボタン


すると今度はVitaTV(PlaystationTV)のusbに挿し込まれたフラッシュメモリ又は外付けHDDが認識され
×ボタンを押すとmolecular shellとvitashellのみメモリーカードとなるフラッシュメモリ又は外付けHDDに保存
□ボタンを押すとすべてのデータをメモリーカードとなるフラッシュメモリ又は外付けHDDに保存
※動画ファイルなどを入れていると非常に時間がかかります
○ボタンを押すとキャンセル


インストールが終わると適当なボタンを押して自動的にシャットダウン


電源が消えたらメモリーカードを抜いて起動するとメモリーカードとなるフラッシュメモリ又は外付けHDDがメモリーカードとして自動的に認識される

※もし正常に認識されない場合、vitashellでimcをマウントし、taiフォルダがあれば削除

使用しているとたまにインストールしたはずのものがライブエリアに表示されないときがあります
その場合は消えておりませんので一番上の階層まで×ボタンを押して戻り△ボタンを押してメニューを開きrefresh liveareaを選択して、完了したら復活しているはずです
molecular shell、vitashellも消えてしまうこともあり、そうなった場合は取り返しがつかない可能性もあるのでvita2000又はvitatvの本体であればmolecular shellかvitashellをApplication Storage Managerを使って専用メモリーカード(ux0:app/)から内蔵ストレージ(ur0:app/)へ移動してすれば本体の初期化せずにすみます
 Application Storage Manager
http://wololo.net/talk/viewtopic.php?f=116&t=47389

0 件のコメント:

コメントを投稿