2018年2月1日木曜日

PS4 FTP接続できる本体で外付けHDD又は、BDRのディスクからゲームを起動する方法

記事の方法を試す前や質問をするまえに必ず下記リンクを見てからにしてください!
このブログについて
http://yyoossk.blogspot.jp/1970/11/blog-post_24.html


こちらではFTP接続できる改造したPS4本体で外付けHDDからゲームを起動する方法を紹介します



本体から一番容量の多いゲームそのものに近いapp.pkgファイルを外部に移し、app.dbを弄って起動するというものなので、一度本体に対象のゲームがインストールされていなければなりませんので他のハードのように完全なゲームファイルそのものを移せるというものではありません。
その場合はPS4にCFWやバックアップローダーなどが登場しないとできません
現状で内臓HDDの容量を削減するという意味では有効な方法だといえます

PCとFTP接続を行ってください
バージョンによっては接続方法が変わるのでこちらでは記載していないため過去の記事をアーカイブから参照して行ってください
http://yyoossk.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

FTP接続したら
system_data/priv/mmsフォルダの中にあるapp.dbファイルを一度PCに保存

全てのゲームを移したい場合
userフォルダの中にあるappフォルダを外付けHDDに移したい場合はその中に、BDRに移したい場合は一度PCに保存

特定のゲームを移したい場合
appフォルダ内にある特定のゲームidフォルダを外付けHDDに移したい場合はその中に、BDRに移したい場合は一度PCに保存


外付けHDDの場合もBDRの場合もGAMESという名前のフォルダを新規作成し、
全てのゲームを移したい場合はappフォルダ内にある全てのゲームidフォルダを中に
特定のゲームを移したい場合はゲームidフォルダを中に移してください

BDRの場合はGAMESフォルダを書き込んでください
BDRはbd-rwしかテストを行っていないようです

初めに保存したapp.dbファイルをSQLite DB Browserを使用して開いてください
http://sqlitebrowser.org/
https://www.dbonline.jp/sqlite-db-browser/

Browse Dataタブでtbl_appinfoテーブルを開き、下の画像を参考に選択してある部分を
外付けHDDなら/mnt/usb0/GAMES/ゲームID
BDRなら/mnt/disc/GAMES/ゲームID
に変更して編集したapp.dbファイルを元のsystem_data/priv/mmsフォルダの中に戻し、PS4本体を再起動して移したゲームが起動したら成功です

 

0 件のコメント:

コメントを投稿